2018年度ドコモ四国支社グループかいぜん事例発表大会

2018年11月20日


先日、ドコモ四国支社グループかいぜん事例発表大会が行われました。

イコピコモバイルでは、「お客様に笑顔になっていただける店舗」また、「スタッフ全員が力を合わせて、助けあい、笑顔で楽しく働ける環境作り」を目指して、日々取り組みを行っております。

「かいぜんへの取り組み」についてはコチラをご覧ください。




今回は、高知代表として「ドコモショップ野市店」が「野市店流、フロアスタッフ育成のカタチ」をテーマに発表を行いました。
発表者は野市店 田中店長代理、PC操作は杉村店長、タイムキーパーは海地主任というメンバーでした。

野市店では、スタッフとスタッフの関わり合いを重視し、一人一人のスタッフへの負担を全員で助け合いながら軽減する取り組みを行っております。
また、良いところを褒め合い、励まし合いながら、ひとりだけで頑張らず、誰かにやらされるのではなく、全員で取り組む。

「スタッフ全員が一生働きたいと思えるような店舗を目指していきます!」
と田中店長代理の熱い言葉で締めくくりました。



結果は・・・


「優秀賞」をいただきました。

惜しくも全国大会出場はかないませんでしたが、野市店流・イコピコ流をドコモ四国支社様の前で堂々と発表してくださりました。




発表を行ったみなさん、サポートチームのみなさん、お疲れ様でした。
素晴らしい発表でした!


これからもイコピコモバイルは、お客様にも、スタッフにも、「ここに来て良かった」と思っていただける店舗・環境にしていく為に、全員で「かいぜん活動」に取り組んでいきます。