2019年度ドコモ四国支社グループかいぜん事例発表大会

2019年11月27日


先日、ドコモ四国支社グループかいぜん事例発表大会が行われました。


イコピコモバイルでは、「お客様に笑顔になっていただける店舗」また、「スタッフ全員が力を合わせて、助けあい、笑顔で楽しく働ける環境作り」を目指して、日々取り組みを行っております。

「かいぜんへの取り組み」についてはコチラをご覧ください。



今回は高知代表として、「ドコモショップあき店」が「予約なしでもいいですか?」というタイトルで発表を行いました。
発表者はあき店 矢部店長、PC操作は小林社員というメンバーでした。


ドコモでは、全国的に「来店予約優先オペレーション」が導入され、1日に受付できる件数が減少している店舗もあり、予約のないお客様は受付できない日(店)もあるようです。

あき店では、2017年に全国かいぜん事例発表大会にて最優秀をいただいた、協業オペレーションを基に、来店予約を取り入れながら進化させた、「来店予約活用・協業オペレーション」を行っております。
来店予約をいただいたお客様はもちろん、飛び込みのお客様も、できる限りお持たせすることなく、全部受ける!を目標に、スタッフが全員で助け合いながら、一丸となって取り組んでいます。

来店予約を本来のお客様に喜んでいただく為のサービス・ツールとして活用しながらも、スタッフの休憩時間の確保・残業時間の削減など、スタッフの負担も軽減されています。





結果は・・・・・



「優秀賞」でした!

惜しくも全国大会出場は逃しましたが、あき店の「チームワーク」でのさらなる進化を、堂々と発表してくださりました!




発表を行った矢部店長、小林社員、サポートチームのみなさん、お疲れさまでした。
素晴らしい発表でした!


これからもイコピコモバイルは、お客様にも、スタッフにも、「ここに来て良かった」と思っていただける店舗・環境にしていく為に、全員で「かいぜん活動」に取り組んでいきます。